健康ブームとパンケーキ

究極の健康食とは

『究極』と言ってしまうとハードルが高くなってしまいますが、人間の体に良い『究極の健康食』というものがあれば、いったいどういったものなのか興味がありますよね。

そこで体に良い健康な食事、すなわち健康食について少し考えてみたいと思います。

健康の反対は不健康ですから。

健康になる食事を考えるにあたり、まず最初にやっておくことは『不健康な食事とはどういったものなのか』を考えること。
不健康な食事の反対は健康的な食事ということが成り立たないわけがありませんからね。

不健康な食事といったまず思いつくのが『塩分たっぷりの食事』。
塩分の摂りすぎは高血圧を引き起こしてしまいますね。

次に思い浮かぶのが『脂っこい食事』。
肥満の原因になるのはもちろん、コレステロールの増加も心配です。

肥満の原因といえば『糖分』ですね。
適度な糖分は人間の活動に必要ですが、お菓子やケーキなどの糖分は明らかに過剰摂取です。
また糖尿病の危険性も含んでいます。

他には『暴飲暴食』も不健康ですね。
食べすぎや飲みすぎは消化器官の負担が増えるなど、内臓が疲れてしまう原因になり、その他太ってしまう原因でもありあます。


ざっと不健康な食事のことを考えてみるだけで『塩分たっぷりの食事』、『脂っこい食事』、『糖分の摂りすぎ』、『暴飲暴食』と4つの要素が見つかりました。

ではこの4つを裏返してみると次のようになります。

・塩分控えめ
・脂控えめ
・糖分控えめ
・適量

つまり、この4つの要素を満たす食事が究極の健康食ということになるわけです。

では、このような食事はどこで見つけることができるかというと、それは病院です。
入院している患者さんに出される『病院食』というのが、ある意味"究極の健康食"というわけです。

まあ、実際に病院に行って病院食を食べることもできないので、どうすればいいのかというと"高血圧"や"糖尿病"の人向けのレシピを参考にして食事を作ると、健康に悪い要素を取り除いた食事にめぐり合うことができるということ。

「高血圧 レシピ」や「糖尿病 レシピ」でネットを検索すればいくらでも見つかりバリエーションも豊富。

健康が気になるという方は、ぜひ試してみてください。