健康ブームとパンケーキ

トクホで健康になれるのか

トクホっていったい何者
最近よくテレビのコマーシャルなどで耳にする『トクホ』という言葉。
聞いたことが無いという人はいないでしょう。
ではこの『トクホ』の製品を飲んだり食べたりしていれば健康になるのでしょうか。
そもそも『トクホ』とはどういったものなのでしょうか。

一般的に『トクホ』と省略されていますが、正式な名称は"特定保健用食品"です。
この名称を製品にしようするためには消費者庁長官の認可が必要で、勝手に使用してはいけません。

この"特定保健用食品"は、体の生理学的な機能に影響を与える成分を含んでいて、その効果が科学的に証明されている必要があるので、ケガをしたところにツバをつけて置けば大丈夫というような心理的な効果ではありません。
たとえば血中のコレステロールを正常な数値で維持することができるというような効果が科学的に証明されているものなのです。

では、この『トクホ』の製品を飲んだり食べたりしているだけで健康になれるのかというと、もちろんそんな万能薬のようなものではありません。
製品によって効果は様々ですし、過剰摂取をすれば体異悪い影響を与える可能性もあります。

人それぞれの症状や目的に合わせて、適量を摂ることでその効果が発揮されるものなのです。

トクホとサプリメントの違い
「トクホ(特定保健用食品)」は食品のなかでは"一般食品"一般食品に対して"保健機能食品"というカテゴリに分類されます。
さらに"保健機能食品"は"特定保健用食品(トクホ)"と"栄養機能食品"に分けられています。

この"栄養機能食品"というのは『トクホ』の製品とは違い、消費者庁長官の許可を受ける必要はなく、国が定めた栄養成分の基準を満たしていれば製造者が自由に表示できるものなので、一般的にサプリメントと呼ばれているものが"栄養機能食品"に該当します。

健康食品としてのイメージが強いサプリメントなどが『トクホ』を名のることができないのはこのようなルールによるものなのです。