健康ブームとパンケーキ

一品ダイエットの危険性

世の中では何年かに一度は'単品ダイエット'の流行がおこります。
りんごダイエットやキャベツダイエットといったものが不思議なことに流行します。
栄養のことに詳しくない素人でも、体に悪いということはわかるダイエット法ですが、なぜかブームが起きるのです。

「これだけを食べていれば誰でもやせることができる」と、そのものだけを食べて他のものは口にしない。
確かに一時的には体重は減るでしょう。
でも、これは非上に危険な方法なのでやめておきましょう。

そもそも、人間の活動が正しく行われるためには、様々なビタミンやミネラルといった栄養素が必要です。
それらの栄養素の中には、体の中で作ることができない、または蓄えることができないといったものもあります。
そういったビタミンやミネラルを補給するのが食事の役割なのです。

よく言われるのが、「健康のためにバランスの良い食事を心がけましょう」という言葉。
これが本質で、何かに偏らない食事が健康維持のためには必要なこと。
単品ダイエットの怖いところは、摂取不足によって明らかに足りなくなってしまう栄養素が生じてしまうということ。

栄養素が足りなくなっても、人間の体にはしばらくの間はその不足を補うことができるそうです。
でも、その限界を超えてしまうと無理が生じ、やがては不調を引き起こします。

それでも短期間であればまだよいのですが、長期に渡ってしまうと、無理がたたって"劣化"または"悪化"という事態に。
一度劣化したものは元に戻るまで相当の期間が必要になりますし、場合によっては元通りに戻らないことも十分考えられます。

そもそも、量に気をつけてバランスの良い食事を行っていれば、ダイエットの必要はありません。
それでも足りない栄養素を健康食品で補給するという方法もありますが、さすがにそこまでする必要はないでしょう。

今後も、様々な画期的なダイエット方法がテレビやマスコミで紹介されると思いますが、そういった情報に振り回されずに、健康的な方法でダイエットにチャレンジしてくいださい。