健康ブームとパンケーキ

季節の野菜は健康食

現代の日本では、ビニールハウスや冷凍加工、品種改良などの技術の進歩により、ほぼ一年中さまざまな野菜をスーパーなどで買うことができます。
でも本来であれば野菜にはそれぞれ実をつける時期というものがあり、その収穫が多い季節をもって『旬』と呼ばれる時期があります。

実はこの"季節の野菜"はその季節に応じて、体にとって非常に良い効果が備わっているのです。

たとえば夏野菜。
きゅうり、茄子、スイカといったうり科の植物は利尿作用があり、体内の水分を排出してくれます。
すると、積極的に水分を摂るようになり体内では水分が循環され、排泄と同時に体の熱も奪い去ってくれるという"体を冷してくれる効果"があるのです。

また、冬野菜は大根や白菜などお鍋の定番材料が揃っています。
さらにしょうがも冬野菜のひとつで、これらの野菜は体を温めてくれる働きがあり、寒い冬を乗り越える手助けをしてくれます。

このほか春には菜の花、秋にはサツマイモといった季節を感じ取ることができる野菜は、その季節を迎えた体にとっては非常に効果がの高い健康食なのです。

野菜だけではなく果物も旬のものを
野菜だけでなく果物にも旬があり、その季節に旬の果物を食べることも、もちろん体にとって良い効果があります。

たとえば、冬のみかんはその代表的なもの。
ビタミンCが豊富に含まれている"かんきつ類"を食べることで、風邪の予防になることはあまりにも有名ですね。
ちなみに風邪をひいてしまってからみかんを食べても効果はありませんが。

もちろん夏の定番はスイカ。
そのほかにも梨も夏の果物です。
梨には疲労回復に効果があるアスパラギン酸が含まれているので、夏バテに効果があり、そのほかにはカリウムも多く含んでいます。
暑さで汗といっしょに失ってしまったカリウムの補給に水分も多く含む梨はとても体に良いフルーツなのです。

スーパーの棚を見ていると、この野菜や果物の旬はいったいいつなんだろうとわからなくなってしまった世の中ですから、一度野菜や果物の『旬』がいつなのか調べてみてはいかがでしょうか。